• 治療方針と診療の流れ
”信頼と情熱”を医院のコンセプトに、個々の患者様にあった総合的な治療を実践しています

"人より歯医者に行くことが多いのにあまり良くなった気がしない"
"人よりよく歯を磨いているのに虫歯だといわれる"
といった経験はないでしょうか?
そんな時、『どうして私だけ』という疑問が湧いてくるのではないでしょうか。 その"どうして"という部分に触れず悪くなったところだけを治療していませんか?
虫歯、歯周病は生活習慣病であり日々のダメージの蓄積が痛みなどの症状として現れます。詰め物をしたり、かぶせ物をするのはその破壊された部分を人工物で置き換えているに過ぎないのです。 破壊されてきた"原因"を探らないまま従来のように治療すればその部分は再び破壊されていくことになります。 日々の食生活をはじめ、ブラッシングの習慣、歯並び、細菌の数など様々な原因をひとつずつ検証し解決していくことによって、健康な口腔環境が作られ、維持することが可能となります。 このような考え方のもと、かいもと歯科では歯周治療インプラント審美歯科・矯正歯科・義歯など総合的で密度の高い治療を行っています。

初診

主訴の緊急処置

初診で来院される患者様の多くは、 疼痛や補綴物の脱離などを主訴として来院されます。まず疼痛の抑制や仮歯の装着など主訴に対する緊急・応急処置をおこないます。
この患者様は「前歯離脱・審美障害」の主訴で来院されました。右の写真は来院時の口腔内の様子です。この時に自覚されている症状、全身的な健康状態、その他歯科治療を受ける際に注意しなければならない点等について簡単な質問をいたします。
その際にはどのような些細なことでも結構ですので、なるべく詳しく、歯科治療に際して注意してほしいこと、期待しておられることをお話していただくようにしております 。

基礎資料収集

問題点の抽出

 
なぜそうなったのか?"の原因を考察し、治療計画の立案のために基礎資料の収集をおこないます。レントゲンや口腔内の撮影、歯周病の進行度合いの測定、歯ぐきの状態や咬み合わせや顎関節の状態など検査します。

総合診療、治療計画  
基礎資料の内容をもとに、診療方針にあるような視点から総合的に診断していきます。そして患者様のご希望(機能、審美、時間、費用)を十分にお聞きいたします。この時どんな些細なことでも、できるかぎり気が付かれたことをお話ししていただくように十分にカウンセリングいたします。
総合診断をもとに具体的な治療計画を立案いたします。そして、その内容は、基礎的な治療の方法や最終的な装置の種類、治療費用、治療期間等を明記して治療計画書としてまとめた上、患者様に説明いたします。特に自由診療の場合、高額な治療費がかかることもあり、家内相談が必要なケースも少なくありません。治療計画は、修正の場合も含み、将来的な展望に立って、その患者様に最も有利となるよう考えてまいります。

治療ゴールのイメージ

総合診断をもとに治療計画を立案し、機能的にも審美的にも満足できる治療ゴールをイメージし、具現化したものが、診断用ワックスアップであります。私たち術者サイドのみならず、患者様にも治療前に治療後の状態をイメージしていただけ、なおかつはっきりとした目的意識を得ていただけます。

プロビジョナルストレーション@

理論的な治療ゴールのイメージである診断用ワックスアップによりプロビジョナルレストレーション(樹脂製の仮歯)を作成し、実際に口腔内に装着していただきます。そして機能的にも審美性にも満足の得られた状態で、治療を進めてまいります。

総合的治療

積極的治療

プロビジョナルレストレーションにて、咬合を安定させながら、矯正治療・根管治療・虫歯の治療・歯周病治療などをおこない原因の除去からそれぞれの問題を解決してゆきます。

プロビジョナルストレーションA

それぞれの問題をすべて解決した後、さらに審美的な満足や咬合の安定を厳密にチェックした最終のプロビジョナルレストレーション(2)を口腔内に装着し最後のチェックをします。いわゆる最終予行演習です。その後、最終修復・補綴治療へ移行します。

最終修復・補綴治療

咬合も安定し、何でもしっかり噛めるようになり、咬合平面も歯ぐきのラインもきれいに調和して審美的にも非常に満足できる結果が得られました。また、清掃性も向上し磨きやすくなり、その結果に永続性が期待できます。患者様は磨きやすく見た目も美しく、よく噛めるようになったばかりでなく、はつらつとした人生を過ごされるようになりました。

メンテナンスとリコール

得られた理想的な治療結果を長期的に維持・安定させるには、患者様ご自身による日々のブラッシングのみならず、定期的な衛生士などのプロによるメインテナンス・予防が必須です。