治療例

Case2 自家歯牙移植の症例

"左下の奥歯がはれて痛い"を主訴として他歯科医院より紹介来院されました。その他に、治療中の歯も継続して治療してほしいとのことでした。

"はれて痛む"原因は歯周炎によるもので、ご覧のように残念ながら保存不可能の状態になっていました。しかし、反対側の不要な親知らずが残存していましたので、移植することになりました。
抜歯と同時に親知らずを移植しています。
移植した親知らずもしっかりと生着し周囲組織も健康になって、しっかり咬めて審美的にも美しくなりました。患者様のみならず紹介していただいた歯科医の先生にも感激していただきました。