• HAHAHA通信
 

梅雨明け宣言がされて、いよいよ夏本番!ギラギラの太陽が眩しく・・・あれっ?曇ってますね。一番、太陽ギラギラに晴れるこの時期に、不安定な天気が続いています。気象庁には、便利な言葉ですが"戻り梅雨"と言うようです。曇っていても、本当に蒸し暑い毎日です。皆様、"熱中症"には、十分に気を付けて下さい。
  さて、学生時代には、キャンプリーダーをしていた私。それ以来、アウトドア好きで、特に、海が大好き!院長もアウトドア派で、釣り好きなので、毎年、夏になると、時間があれば海に行きます。最近では、淡路島と宮津に行きました。院長は、三半規管が敏感なせいか、船酔い、波酔いをするので、もっぱら、陸に足をつけての"投げ釣り"ばかりです。"一度は、船釣りをしてみたい!"らしいのですが、酔い止めを飲んで臨まないと、釣りどころではないでしょうね。以前、ダイビングに挑戦した時も、波酔いをしてしまい、土色の顔をして海から上がってきて、そのままダウンしていました。残念!!

宮津は、海がとても綺麗でした。この日は、天気がとても良くて、紫外線対策に、私、こんなことになっています。誰かわからないですよね。でも"キス"ゲット!
院長、これは、淡路にて、"鯛(極小)とキス"ゲットです。

私は、今年の6月からではありますが、カッターボートに挑戦しています。学生時代のキャンプリーダー時代の仲間から、"カッターレースに出てみないか?"との呼びかけに私もやってみることにしたのです。"カッター"は、皆様は、あまりご存知ないかと思います。カッターは、船舶に搭載されるボートのことで、船の後部の橋の部分を切断した形をしているため、"カッター"と呼ばれているという説が有力だそうです。大型船の舷側に搭載され、救命艇、連絡艇として用いられる為、端艇と呼ばれるそうです。とにかく、大きめの手漕ぎのボートなのです。カッターは、私達にとってリーダー時代のあまり良い思い出ではありませんでした。オールが重くて、漕ぎ手(クルー)は、総指揮の号令で漕ぐだけのいわゆる"奴隷船"です。リーダートレーニング中に、よくカッターに乗らされて、キャンプ長(私達の指導者)に檄を飛ばされていました。他のクルーと息を合わせて、一生懸命漕いでも、"もっと、しっかり漕げ!!"と怒鳴られるものですから、20歳そこそこの女子が、すっかり"カッター嫌い"になるのも無理はありません。しかしです。年月とは恐ろしいものです。何故か、"懐かしい!"と思ってしまうのです。あの時の一体感、チームワークをもう一回感じてみたい!と思ってしまうのです。しかし、間違いでした。年月が経って、オールが軽くなっているはずもなく、筋力も弱り、シニアになった今、更にきついものになっていました。しかし、男性軍は、"昔とった杵柄"。練習数回で、何となく様になってきました。もちろん、レースの結果は、予選敗退で散々な結果でしたが・・・。でも、次のレースに向けて、頑張ろうという機運が生まれて、楽しそうです。それにつられて、女性陣も"私達もやりたい!"となり、来年のレースに向けて、"女子チーム"結成となりました。さぁ、どうなることでしょうか?全員シニアですから・・・身体を壊さないように気を付けます。
  今回、カッターで学んだことは、チームワークの大切さです。一人が突出した技術を持っていても、カッターは、進みません。一人一人が、確実に自分の持ち場で力を発揮してこそ、船は、スムーズに進みます。そして、全員の息が合えば、それは、何倍もの力になって早く進むのです。それは、私たちの職場においてもそうです。
歯科医師は、歯科医師の力をスタッフは、スタッフの力を十分に発揮してこそ、患者の皆様が安心して治療を受けることが出来ます。ですから、ますます精進していかなければと思いました。スタッフ一同、研鑽してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

これは、"大阪カッターレース"の模様です。艇長と総指揮、クルーが6人の8人で乗ります。私は、この日は、ビデオ撮影係!でした。