治療例

Case4 自家骨移植を行いインプラント埋入を可能とした難症例(サイナスリフト)

他医院でインプラント不可能と診断され、当院を紹介され来院された症例です。

上顎洞底までの距離が3mmしかなくオステオトームでは不可能であると診断いたしました。側壁開窓法にて自家骨移植を併用した同時インプラント埋入を計画いたしました。
側壁開窓した状態です。
下顎枝部より自家骨を採取した状態です。
採取した自家骨を上顎洞へ移植しインプラントを埋入しています。
ステントをもちいて理想的なポジションにインプラントが埋入されています。
埋入後6ヶ月で十分に骨の増大が得られています。
不可能と診断された部位にもこのようにインプラント治療が可能となりました。移植された自家骨も完全にリモデリングされ良好な状態になっています。