治療例

Case4 ここまできた今日の審美修復治療(審美修復術前・術後)

さまざまな審美修復の症例をまとめてみました。すべて左の写真が"術前"、右の写真が"術後"です。「どの歯を治療したのかわからない」、それが今日の究極の審美修復治療です。「こんな歯にしたい」、その他ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せください

オールセラミッククラウンによる修復
オールセラミッククラウンによる修復
上顎6本を先にホワイトニング、その後ポーセレンラミネートベニアで6前歯形態を整えました
オールセラミッククラウンによる修復
"かぶせものと歯ぐきの境目が黒くなって気になる"が主訴で来院されました。歯ぐきの治療をしてオールセラミッククラウンで修復しました。もう黒ずむ心配はありません。
同じく"境目が黒くなってきた"が主訴で来院されました。前歯のかみ合わせを再建してメタルセラミッククラウンにて修復しました。
金属のつめ物のまわりの虫歯をとって、セラミックインレーで修復しました。
歯の抜けた箇所にはインプラント、金属冠はメタルセラミッククラウンです。歯ぐきのやせたところには、歯肉移植をおこないました。どの歯がインプラント・かぶせ物かわかりますか?
金属のつめ物をダイレクトボンディングにて修復しました(健康保険適応)。オールセラミックには及びませんが、小さい虫歯であればここまで修復できます。