• 審美歯科
白いきれいな歯で美しい笑顔をいつまでも

白い歯できれいな歯並びで、自信をもった素敵な笑顔をいつまでも・・・・。

自分の歯や口元の美しさに自信をもつことができれば、あなたの生活に大きな影響を与えるのではないでしょうか。 審美歯科には、"表面的(見た目)な美しさ"と"機能的な快適さ、美しさ"があります。前者は補綴治療、ホワイトニング、 ラミネートベニアといった治療方法があげられます。一方、後者は矯正治療やインプラント治療と組み合わせたり、形成外科をおこなうことで得ることができます。

「表面的な美」も「機能的な美」もどちらの側面も口元には大切な要素です。当医院はどちらか一つにとらわれるのではなく、二つの側面から審美歯科の治療をおこなっております。

白いきれいな歯で美しい笑顔をいつまでも

歯冠補綴とはセラミックの冠を歯に被せることにより歯の色と形を美しくします。歯を削る量は多くなりますが、ラミネートベニアなどの方法に比べて丈夫で、色や形の表現が自在にできます。また虫歯で歯を失っている部分が大きかったり、以前に被せた歯の再治療はこの方法が最適です。
もし、歯がなくなって放置しておいたら、十分な栄養補給ができず、消化にも影響します。また、かみ合わせが変化し、顎が痛くなったり、口が開かないといった症状が出ることがあります。歯の状態によって様々な処置がとられますが、代表的なものをご紹介します。

セラミックインレー

インレーとは虫歯を削り取った後の歯に埋める詰め物のことです。インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。

セラミッククラウン・ブリッジ

クラウンとはむし歯を削り取った後の歯を全体的に覆う被せ物です。ブリッジとは、欠損歯を両側の歯を支えにして修復する治療方法です。セラミックを使用することで金属や歯科用プラスティックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことが出来ます。治療後の虫歯や歯周病の再発にもセラミックを用いた方法のほうが 有利であるとお考え下さい。(写真左がセラミッククラウン・ブリッジの術前、右が術後)。

ラミネートベニア

ベニアとは、歯の修復箇所に貼り合わせるセラミックの薄片のことです。歯の色がくすんでいる場合、事故などで歯の一部が欠けた場合、軽度の歯列不正がある場合には 、歯をあまり削らなくてすむラミネートベニア法が最適です。歯の表側をほんのわずか(0.5ミリ程度)だけ削って、そこにセラミックの薄いシェル(右の写真)を貼り合 わせる治療方法です。
歯を削る量が少なくてすみますが、削り方、シェルの作成、接着に非常に高度な技術が必要です。ラミネートベニアは基本的に上顎の前歯のみに適用されます。歯の色が濃い場合はホワイトニング、歯の位置が悪い場合は矯正治療を併用しないと思ったような効果がでないことがあります。
白いきれいな歯で美しい笑顔をいつまでも

オフィスホワイトニングについて

  • 歯の漂白を行った後は、着色しやすくなります。着色の原因となる以下のことはできる限り避けてください。特に、術後24時間は必ず避けてください。タバコ、色素が強い食品の摂取(コーヒー、紅茶、日本茶、ワイン、コーラ、グレープフルーツジュース、カレー等)
  • 歯に詰め物がされていると、歯の色が変化するため詰め物と歯の色の差が出てくる場合があります。このような時は、歯の色が安定した後に詰めかえる必要があります。
  • 歯の白さが永続することが理想ですが、現実には様々な要因が重なり徐々に色調が変化します。変化するまでの期間は、歯の状態、生活習慣など様々な要因によって異なります。
  • 使用される薬物は洗浄、殺菌に長年汎用されていますので毒性副作用はありません。

ホームホワイトニングについて

  • 妊娠中や授乳中の方は使用できません。
  • 連続して4週間以上の使用は避けてください。
  • 歯がしみる時は毎日の連続使用を中止して、1〜2日あけて使用してください。
    それでもしみが治まらないようでしたら医師にご相談ください。
  • 咬み合わせに異常を感じられた時は直ちに使用を中止して医師にご相談ください。
  • その他にも異常がありましたら直ちに使用を中止して医師にご相談ください。
当医院での歯周治療の症例は、治療例に掲載しておりますのであわせてご覧下さい。